関連サービス

障害者施設等入院基本料病棟のご案内

障害者病棟とは

パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症などの神経難病の患者様、脳卒中など寝たきりで  
意識障害のある患者様の治療・看護・リハビリを行う病棟です。

どんな方が入院の対象となりますか?
  • 重度の肢体不自由者・脊髄損傷の重度障害者
    *脳卒中の後遺症及び認知症の患者様を除く
     
  • 重度の意識障害者
  • 神経難病患者
    ・パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性症)  ・パーキンソン病 
    ・多系統萎縮症(綿条体黒質変性症・オリーブ橋小脳萎縮症・シャイドレガー症候群)
    ・筋ジストロフィー  ・多発性硬化症  ・重症筋無力症  ・スモン  ・筋萎縮性側索硬化症 
    ・脊髄小脳変性症  ・ハンチントン病  ・プリオン病  ・亜急性硬化症全脳炎  ・ライソゾーム病 
    ・副腎白質ジストロフィー  ・脊髄性筋萎縮症  ・球脊髄性筋萎縮症 
    ・慢性炎症性脱髄性多発神経炎  ・もやもや病
  • その他、急性期の治療が必要な方
障害者手帳は必要ですか?

特に必要はありません。
*肢体不自由 1・2級をお持ちの方は、脳卒中・認知症による障害でなければ対象となります。

入院するには?

当院の地域サービスセンターにご相談下さい。

療養病床とは

急性期が過ぎ、慢性期に入った患者様が療養をしながら、医療・看護・介護を受ける事のできる病院です。

当院では患者様に良くなっていただくために、療養計画にもとづいたよりよいケアを提供します。

患者様にとって必要な治療は継続して受けられるので安心です。

  • 介護老人 入所・短期入所 ヒューマンライフ富士
  • 訪問介護・通所リハビリ 安心みまもりセンター
療養病床に関する Q&A
どんな患者さんが入院できるのですか?
積極的な治療が必要な段階を過ぎて、介護やリハビリを必要とする方などです。
必要な治療は継続して受けられます。
普通の病院とどう違うのですか?
施設全体が長期療養にふさわしく整えられ、介護スタッフも充実していて、
手厚い介護やリハビリが受けられます。
どんな環境ですか?
一人あたりのスペースが一般病院よりも広く、食堂や談話室、レクリエーションの為のスペースも設けられています。
一般病床 : 一人あたり4.3平方メートル
療養病床 : 一人あたり6.4平方メートル
新富士病院 : 一人あたり8平方メートル(南館)

病床療養の様子

ページトップへ