法人理念

こころが通う信頼の医療

昭和63年の創設以来、私どもが常々考え続けてきたことは、真の医療の原点は人と人とのつながりということです。

人にとって一番大切なものは生命であり、健康です。 このかけがえのない財産をしっかりと見守り続けることが医療に携わる私たちの使命であり責任です。
超高齢化社会を迎えようとしている現在、どうすれば人がより健やかに、またより喜びに満ちて生きることができるかは、患者様と、医療を行う人との温かい心と心の美しい環の創造です。

私どもは今後とも心を通じて人の喜びを伝え合う医療・療養・看護の三本柱を主眼としてよりよい医療を目指し続けます。

法人理念

ページトップへ