HOME > 喜 あつはら > 利用案内
喜 あつはらイメージ画像

利用案内

利用案内

介護が必要になっても、住み慣れた地域や自宅で安心して過ごせるように
ご本人様、ご家族様を支援する施設です。

〜ポイント〜
  • 施設でも、在宅でも同じスタッフが対応します
  • 一般の介護サービスは、施設は施設スタッフ、ご自宅に伺うスタッフは別のスタッフになりますが、
    看護小規模多機能では、どちらも同じスタッフが対応しますので御本人様が混乱することなく生活していけます。
  • ケアマネジャー、看護師、理学療法士がすぐそばに
  • 看護が必要な方には、訪問看護ステーションが併設されていますので、医療行為が必要になっても安心してご利用いただけます。在宅でも必要に応じて看護師、さらに理学療法士も訪問し、ケアが受けられます。
    また、施設内にはケアマネジャーが常駐しておりますので、お気軽にご相談いただけます。
    24時間365日、医療行為も含めた多彩なサービス、緊急対応もご利用可能です。
  • 通い慣れたところに、お泊まり可能
  • 一般のサービスは、お泊まりの場所と通いの場所と別々の場所になりますが、看護小規模多機能は、同じところに通い・泊まることができますので、環境による変化がありません。
  • 一ヶ月ほぼ定額制
  • デイの利用回数や利用時間等は、その方の必要に応じて決定されます。必要な時に、必要な支援を受けられます。臨機応変に対応できます。

利用料金

基本料金(1ヶ月当たり)
単位数 自己負担
(1割負担の場合)
要介護区分 要介護1 12341単位 125507円/月
要介護2 17268単位 175615円/月
要介護3 24274単位 246866円/月
要介護4 27531単位 279990円/月
要介護5 31141単位 316703円/月
各種加算料金
加算の名称 単位数 自己負担(1割) 備考(主な要件等)
初期加算 30単位/日 305円/月 登録日から30日間に限る
認知症加算(Ⅰ) 800単位/日 8136円/月 認知症日常生活自立度Ⅲ以上の方
認知症加算(Ⅱ) 500単位/日 5085円/月 要介護度区分が要介護2であり、認知症日常生活自立度Ⅱの方
退院時共同指導加算 600単位/日 6102円/月 退院後、初回の訪問看護に限る(厚生労働大臣が定める特別な管理が必要な方は2回に限る)
緊急時訪問看護加算 540単位/日 5491円/月 利用者の同意を得て、計画外で緊急に行った場合に限る
特別管理加算(Ⅰ) 500単位/日 5085円/月 在宅悪性腫瘍患者管理、気管カニューレ、留置カテーテル等の対象者
特別管理加算(Ⅱ) 250単位/日 2542円/月 Ⅰ以外の医療器具装着者、点滴注射を週3回以上必要な方
ターミナルケア加算 2000単位/日 20340円/月 死亡日及び死亡前14日以内に2日以上ターミナルケアを行った場合
総合マネジメント
体制強化加算
1000単位/日 10170円/月 個別サービス計画の多職種協働による適時適切な見直しや病院等への日常的な情報提供等を行う等の体制が整備されている場合
サービス提供体制
強化加算
640単位/日 6508円/月 職員体制による加算(介護福祉士の比率が50%以上)
介護職員処遇改善加算 介護職員の処遇改善のための加算
  • ※上記料金は、厚生労働省の基準省令(平成29年4月)に基づき定められた料金です。基準省令が改正になった場合には、基準省令に従い変更させて頂きます。
  • ※上記の料金は、単位数に富士市の地域単価10.17円を乗じて算出しています。(料金の計算過程における端数処理により、実際の請求額が上記金額と若干異なる場合があります。)
  • ※介護職員処遇改善加算の単位数は、基本料金の単位数と各種加算料金の単位数の合計に7.6%を乗じて計算されます。したがって、介護度別の基本料金の単位数の違いや、上記加算の算定の有無により変わります。
その他の料金
食費 朝食420円、昼食680円、夕食700円(おやつ代は昼食に含まれます)
宿泊費 2000円/泊
その他費用 実費
短期利用居宅介護費(1日につき)
単位数 自己負担
(1割負担の場合)
要介護区分 要介護1 565単位 5746円/日
要介護2 632単位 6427円/日
要介護3 700単位 7119円/日
要介護4 767単位 7800円/日
要介護5 832単位 8461円/日

ページトップへ

施設について

利用案内

1日の流れ